■ 鶏卵肉情報センター トップページへ ■
月刊養豚情報
購読申込み・お問合せはこちらまで

最新刊
すべてのストックマン・ストックウーマンのために
プロフェッショナルストックマンシリーズ第3弾がついに完成!

プロフェッショナルストックマンシリーズ2 プロフェッショナルストックマンシリーズ3
実践テキスト 豚の行動学~ヒトとブタをつなぐアニマルウェルフェア~

原著:ビショップバートン大学(イギリス)

定価2,800円+税 送料別実費 A4版・108ページ
※シリーズ第1弾「飼養管理の基礎編」、第2弾「養豚と飼料~栄養学概論~」、第3弾「豚の行動学」を3冊まとめてご注文いただくと、セット価格8400円(税込、送料別)にてご購入いただけます。ご案内はこちら

今月号の主な内容【2018年・8月号】
【特集】
次代見据え国産豚肉の生産性・優位性をさらに高める

畜産物のアニマルウェルフェア認証~国内外の動向と養豚分野での課題~
◎信州大学学術研究院農学系 竹田謙一

道産飼料、道産ホエイなど地域産物を利用した豚肉生産の取り組み
―病気のない養豚場を目指して―
養豚農業実態調査報告書より
◎(有)ビィクトリーポーク(北海道)

スリーセブンシステムで労働生産性の高い養豚経営を実践
―自家配施設の新設、オートソーターの活用でコスト削減も―
養豚農業実態調査報告書より
◎熊本興畜(株)(熊本)

【特別グラビア
県産銘柄豚の生産促進目指し養豚研究所内にブランド育成センター設置
◎茨城県畜産センター養豚研究所

【トピックス】
IPVS(International Pig Veterinary Society)2018
第25回世界養豚獣医学会概要報告
◎(株)エコアニマルヘルス・石垣克至
【現地ルポ】
養豚密集地でPRRS陰性を維持、抗生物質も不使用
特殊加工のフィチン酸が豚の健康・成長をさらに加速
【ニュース&新製品】
●今後の養豚経営見据えAI・AOの実現、グループ飼育導入を/やまびこ会第21回総会
●豚1戸当たり飼養頭数は54.4 頭増加/農水省「畜産統計」(平成30年2月1日現在)公表
●日本市場におけるデンマーク産DanBred 種豚・精液の独占輸入・生産・販売契約に合意/シムコオリジナル種豚についても規模を維持して育種開発・生産・販売継続


ピッグジャパン いーちくさん ドットコム
(有)黒豚振興エージェンシー バナー広告受付中
  TOP   月刊HACCP   月刊養豚情報   鶏卵肉情報   書籍案内   リンク   事業概要