「食品衛生と畜産情報サイト」鶏卵肉情報センター
  企業概要   書籍案内   リンク   月刊 HACCP   月刊 養豚情報   鶏卵肉情報

書籍・ビデオ案内
書籍、ビデオのお申し込みは 書籍注文フォーム にご記入下さい
昆虫、ネズミ、鳥などにお悩みではありませんか?
現場で構築・運用できる効果的な防虫対策のノウハウ満載!

食品の安全と衛生のための
有害生物防除マニュアル

著者:H&S研究所 三島博文

定価:3,505円(本体価格)+税、送料450円
A4判184ページ


  • 食品関連施設での衛生指導経験が豊富な三島博文氏による「現場で効果が上がる『防虫・防鼠』の技術解説」の集大成!
  • HACCPやIPM、ISO22000など、さまざまな管理手法に取り組む施設にとって、不可欠な「有害生物防除」のポイントが的確に理解できる
  • 防虫・防そに欠かせないポイントを【覚えておくべき要点】として、わかりやすく箇条書き。豊富な図表やイラストレーションを交えてビジュアル的にもわかりやすさを追求
  • 「覚えておくべき要点」を踏まえた上で、詳細かつ専門的な技術・ノウハウを解説。現場で防虫作業に携わる実務担当者にとっても、教育・訓練を担当する管理職の方にも使いやすい構成
  • 内容の理解度を確認できる【演習問題】も用意

これからの有害生物防除は、専門の駆除業者のみに任せるのではなく、施設の従業員の中から、有害生物防除担当者を育成・専任し、専門の防除業者とともに、『総合的有害生物マネジメント(IPM)』システムを構築し、化学的駆除剤を優先させた過去の防除対策から、「適切かつ十分な原材料検査、精密な有害生物のモニタリングと確かなクリーニング作業の実施によって、有害生物の生息数を減少させ、化学的駆除剤の必要性を最小限に留めること」への転換が必要と考えている。

本書は、新しい時代の有害生物防除に向けて、有害生物防除作業に携わる人たちが理解すべき最低限の知識や技術をわかりやすくまとめ、簡潔に解説したものである。 (「まえがき」より)


目次

序章「有害生物防除の目的と重要性」
第1章「有害生物の防除方法の概要」
第2章「ネズミの生態と防除法」
第3章「害虫類の生態と防除法」(ゴキブリ類、ガ類、ハエ類、甲虫類、有害昆虫の防除対策)
第4章「鳥類の生態と防除法」(ハト類、スズメ類、ムクドリ類、害防除の必要性、鳥害の起こりやすい箇所、鳥害の防除方法)
第5章「殺そ剤と使用方法」(殺そ剤、ネズミの防除法)
第6章「殺虫剤と使用方法」(殺虫剤の基礎知識、殺虫剤の種類、殺虫剤の剤型と使用方法)
第7章「防除機器の種類と使用方法」
第8章「防除作業の安全対策」(殺そ剤や殺虫剤に関する法律、殺そ剤や殺虫剤の毒性、殺そ剤や殺虫剤による中毒の予防、殺そ剤や殺虫剤による中毒の治療)
終章「総合的有害生物マネジメント(IPM;Integrated Pest Management)」
演習問題


BACK