月刊養豚情報  

シリーズ ブランド豚を追う

■鶏卵肉情報センター > 月刊養豚情報トップ > シリーズ ブランド豚を追う > 現在地

2020年2月号

特別グラビア
五十嵐一春氏(山形県鶴岡市)の黄綬褒章受賞記念祝賀会、盛大に開かれる
―全国から300人が参集して若き養豚経営者を祝福―
畜産ジャーナリスト 近田康二

(株)五十嵐ファーム代表の五十嵐一春氏の黄綬褒章受賞記念祝賀会が1月12日、山形県鶴岡市の「あつみ温泉萬国屋」で開催された。同氏が令和元年秋の褒賞で長年の養豚業への功績により50歳代の若さで黄綬褒章受章の栄誉に輝いたことから開かれたもので、全国各地の養豚関係者や地元の政財界、地域住民ら約300人が参集し、氏の功績を称えるとともに、今後のますますの活躍を祈念した。

祝賀会はまず発起人代表である室岡修一・山形県養豚協会会長((有)ピッグファーム室岡代表取締役)があいさつに立ち「平成29年全国優良畜産経営管理技術発表会(主催:中央畜産会)で最優秀賞・農林水産大臣賞、平成30年秋の農林水産祭で日本農林漁業振興会会長賞を受賞したことがこのたびの黄綬褒章につながった」と受章の経緯を説明。続けて業績を紹介するとともに、五十嵐氏独自の経営信念や行動力が原点になっていることを称えた。

2020年2月号のお申し込み・お問い合せはこちらから
<<BACK  

2020年1月号

特別グラビア
国産豚肉のしゃぶしゃぶ・焼肉・豚汁290 kgを試食提供
日比谷公園で13回目の「俺豚」開催、大勢の来場者で賑わう


昨年11月9〜10日、東京・日比谷公園で開催された「第10回ファーマーズ&キッズフェスタ」(ファーマーズ&キッズフェスタ実行委員会、構成団体:公益社団法人日本農業法人協会)に出展する形で、一般社団法人日本養豚協会(JPPA、香川雅彦会長)青年部会(橋本晋栄部会長)の通算第13回目となる国産豚肉消費拡大イベント「俺たちの豚肉を食ってくれ! 2019」(俺豚)が開催された。2007年に新宿アルタ前広場でスタートし、今回が13回目を迎える俺豚においても、日頃、豚肉生産に汗を流す日本の若手養豚生産者たちが全国各地から大集結し、自ら生産した国産ブランド豚肉をその場でしゃぶしゃぶや焼肉に調理し試食提供した。

今年は天候にも恵まれ、汗ばむほどの陽気のもと、連日、家族連れなど大勢の来場者が押し寄せ、しゃぶしゃぶなどの試食提供には例年以上の長蛇の列ができた。また会場では試食のほか、養豚に関するパネル展示や豚肉を試食した来場者にオリジナルエコバッグのプレゼント、豚肉や特製カレーなど銘柄豚肉加工品が当る大抽選会なども実施された。

さらに、今年も100%国産豚肉ソーセージを使用した「特大ホットドッグの早食い競争」も行われ会場は大盛り上がり。ぶたの鳴き声長さ大会、じゃんけん大会など盛りだくさんのイベントで大いに賑わった。

2020年1月号のお申し込み・お問い合せはこちらから
<<BACK  

  TOP   月刊HACCP   月刊養豚情報   鶏卵肉情報   書籍案内   リンク   事業概要