■ 鶏卵肉情報センター トップページへ ■
月刊養豚情報
購読申込み・お問合せはこちらまで

最新刊
すべてのストックマン・ストックウーマンのために
プロフェッショナルストックマンシリーズ第3弾がついに完成!

プロフェッショナルストックマンシリーズ2 プロフェッショナルストックマンシリーズ3
実践テキスト 豚の行動学~ヒトとブタをつなぐアニマルウェルフェア~

原著:ビショップバートン大学(イギリス)

定価2,800円+税 送料別実費 A4版・108ページ
※シリーズ第1弾「飼養管理の基礎編」、第2弾「養豚と飼料~栄養学概論~」、第3弾「豚の行動学」を3冊まとめてご注文いただくと、セット価格8400円(税込、送料別)にてご購入いただけます。ご案内はこちら

今月号の主な内容【2018年・11月号】
【特集】
さらに押し寄せる輸入豚肉の脅威を知る!
~価値訴求に一変する時代の対抗策は?

国産豚肉は輸入豚肉に本当に勝てるのか?
日本市場を席巻する海外勢の戦略を知る!
~豚肉勉強会主催 第13回勉強会より~
消費者が本当に求める食品とは? 本物を作れば生き残れる!
◎(株)冨良食品代表取締役/こだわりの味協同組合代表理事・冨永昌良氏
豚肉の輸入と輸入豚肉の需給動向、消費・販売のトレンド
◎食品産業新聞社畜産日報部・宇梶治彦氏
カナダポーク高い品質へのこだわり
~日本市場チルドポーク販売拡大への挑戦
◎カナダポーク・インターナショナル 日本マーケティングディレクター・野村昇司氏
【特別グラビア
養豚人生50余年、業界発展のため粉骨砕身
志澤勝氏の功績称え、功労感謝の集い開かれる

【トピックス】
末端市場への訴求、6次産業化旺盛、加工品・惣菜も多様化
ブランド豚肉の安全・安心、おいしさ、簡便性などさらにアピール
◎アグリフードEXPO東京 2018
野生獣肉(ジビエ)の熟成工程による微生物汚染
◎国立感染症研究所寄生動物部・荒川京子
(公社)日本食品衛生協会食品衛生研究所微生物試験部・秋葉達也
北里大学獣医学部・高井伸二
【ニュース&新製品】
●日本豚病研究会、日本豚病臨床研究会、JASV合同集会開かれる 「慢性疾病の問題点と対策」を統一テーマに
●エコフィードの利用技術と新素材の可能性を説明 日本科学資料協会「第456回月例研究会」開催
●中国におけるアフリカ豚コレラ発生状況 1市10省1区57ヵ所、依然として発生続く


ピッグジャパン いーちくさん ドットコム
(有)黒豚振興エージェンシー バナー広告受付中
  TOP   月刊HACCP   月刊養豚情報   鶏卵肉情報   書籍案内   リンク   事業概要