■ 鶏卵肉情報センター トップページへ ■
月刊養豚情報
購読申込み・お問合せはこちらまで

最新刊
すべてのストックマン・ストックウーマンのために
プロフェッショナルストックマンシリーズ第3弾がついに完成!

プロフェッショナルストックマンシリーズ2 プロフェッショナルストックマンシリーズ3
実践テキスト 豚の行動学~ヒトとブタをつなぐアニマルウェルフェア~

原著:ビショップバートン大学(イギリス)

定価2,800円+税 送料別実費 A4版・108ページ
※シリーズ第1弾「飼養管理の基礎編」、第2弾「養豚と飼料~栄養学概論~」、第3弾「豚の行動学」を3冊まとめてご注文いただくと、セット価格8400円(税込、送料別)にてご購入いただけます。ご案内はこちら

今月号の主な内容【2019年・5月号】
【特集】
育種・養豚技術の過去・現在・未来を見つめる

日本の育種改良の歩み、ハイブリッド豚の変遷たどる
国産純粋種豚を軸に国民に支持される日本的育種とは
―― 発足5周年、第14回勉強会盛大に開かれる
◎豚肉勉強会
今日までのハイブリッド豚への推移とこれからのハイブリッド豚の方向性
◎(株)フロンティアインターナショナル代表取締役会長 大貫 勝彦氏
種豚の育種改良の歩み~TPP11を見越した種豚の改良
◎(有)星種豚場代表取締役 星 正美氏
おいしい豚肉生産のためのワンポイントアドバイス
◎東北大学大学院農学研究科資源生物科学専攻教授 鈴木 啓一氏
明治150年の歴史にみる養豚の歩み
◎(農)富士農場サービス/(有)TOPICS代表 桑原 康氏
「創意工夫」の心構えが未来を拓く~技術者としての活動から後継世代に伝えたいこと
◎前麻布大学獣医学部 伊東 正吾氏
【特別グラビア】
33回目の開催、出展企業1,250社に拡大
VIVアジア2019が盛大に開催される

【トピックス】
東南アジアにおける畜産のビジネスチャンスを拓く
インドネシアとベトナムで「ILDEX」を開催
◎本誌記者 岩本 嘉之
省力・自動化、環境負荷低減、高度衛生管理、AWなど
時代のニーズに対応した最新資材やシステムが目白押し
VIVアジア2019 外国企業出展概要
【連載】
養豚現場の伝染病侵入防止対策
◎食品・環境衛生コンサルタント・横関正直
海外豚情報 ア・ラ・カルト
◎(株)エコアニマルヘルスジャパン・岡野圭介
【ニュース&新製品】
●豚コレラ発生、愛知・岐阜で依然として続く/経口ワクチン実施、全国的な応援体制確保など対策
●疾病に対する危機意識をより高め防疫対策の強化を/「平成30年度千葉県養豚大会」開催
●飼料用米の単収向上や畜産物のブランド化など優れた取り組みを表彰/平成30年度「飼料用米多収日本一」「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」開催


ピッグジャパン いーちくさん ドットコム
(有)黒豚振興エージェンシー バナー広告受付中
  TOP   月刊HACCP   月刊養豚情報   鶏卵肉情報   書籍案内   リンク   事業概要